楽しいオモチャの使い方

リモコンローターの使い方

電波で動作をコントロール出来るリモコンローターの使い方は、そのシチュエーションの選び方で楽しみがより大きくなります。 まわりに誰もいない場所で使うよりも、あえて他人がいる場所で、出来れば他人と会話中にいきなりスイッチオン、というほうが女性の羞恥心がより大きくなり、いけない事をやっているという背得感が快感をより高め、その後の本格的な性行為にテンションをあげたまま突入する事が可能になります。具体的にはコンビにの会計時などがいいでしょう。
最新機種では女性に装着したバイブの動きを手元の送信機側で再現できる物があり、女性の快感を動作をコントロールする男性にも共有出来るように感じられます。

アナルバイブの使い方

アナルバイブは、普通のバイブと同じようにコンドームをかぶせて使いましょう。ローションと一緒に使うのも必要な手順のひとつです。
本来的にアナルに何かを挿入する、というのは女性器と違って不自然な行為ですからそれなりの準備がいります。最初はごく細いものから試して見た方が良いでしょう。信じられないほど太い、直径10cmくらいの商品も存在して、なぜかコレがそこそこ売れたりしていますが無理は禁物です。
アナルバイブをアナルに差し込んだまま、女性器の方にペニスを挿入する、というのも快感を共有出来る楽しい使い方です。
前の方はともかく、アナルに何か挿入するのに強い拒否反応を示す女性も多いのですが気長に説得してみましょう。
人間として生まれたならば、一生に一度位はアナルを体験してみる価値がある、なんちゃって!

1本バイブの使い方

バイブレーターは通常はクリトリス刺激用のローターが根元から二股に生えた形状になっていますが、単に棒状の形をしたものも有ります。なんだか機能が減っているように思われがちですが決してそうでは有りません。

通常のバイブでは女性器に挿入する部分には振動する機能が無く(例外も有ります)、ただ、くねるように動くだけです。それに対し1本バイブでは通常はくねる動作に加え、挿入部の根元、あるいは先端にバイブレーターが納められており、振動を直接、女性器に送り込む事が出来、くねりと振動の具合を別々にコントロール出来るようになっています。又、二股形状ではないので、奥の方まで深く挿入する事が可能です。これにより、子宮頚部とそのすぐ手前にあるボルチオスポットとよばれる性感帯をより強く的確にとらえる事が出来ます。スポットに当たっているかどうかは、直接目で見る事は出来ませんので、まず、指で位置を確認して見当をつけてからバイブを挿入しましょう。子宮頚部はかなり奥のクリクリっとした感触の部分ですが、指の短い人には届きにくいかも知れません。又、この位置は絶えず動く、とも言われていますのでバイブを挿入した時もバイブを通して伝わる感触に注意して内部の様子をイメージするようにするといいでしょう。さらに、この子宮頚部の手前から入口側に上部をかき出すように動かすと、いわゆる潮吹きを誘発する事が出来ます。この時に女性のお腹を手のひらで、じわっと押してバイブと挟み込むようにするとより効果的です。是非、試してみて下さい。

バイブレーターの使い方の基本

バイブレーターにはコンドームをかぶせてから使用しましょう
使用後のおそうじがとても楽になります。バイブレーターの中には、作動の制御に高度な電子回路を使用しているものも有り、コントロール部分は水濡れ厳禁ですので注意が必要です。

コンドームの選び方

コンドームには材質によって大きく2つに別けられます。
従来からの【ゴム製】と比較的最近に開発された【ポリウレタン製】で、こちらの方がずいぶんと高価です。
当店で良く売れているのは圧倒的にポリウレタン製の方です。出始めの頃の製品は今よりも肉厚があって伸びにくい材質のせいもあり、使用感に不自然さを覚える人もいたのですが、より薄く改良され、それに伴い伸縮性も改善し熱伝導率がゴム製の5倍もあり、体温が伝わりやすい、という利点がストレス無く体感できるようになりました。逆に感触を鈍らせる為に肉厚にして暴発を防ぐタイプの商品や、イボ付き、色付き、味付きなど、楽しみをふくらませる様々なタイプのコンドームを取り揃えていますので、色々と試して見てください。

ローションの使い方

どのように使っても無害ですので!
その昔、ローションの開発者は売り込みの営業先でローションを飲んで見せたそうである!

自分の好きなように使用すればいいのですが、まれに安価なローションを直接女性器に塗りこむと粘膜がかぶれる事がありますので、その場合には使用を止め、この心配がほとんど無い高品位の商品に切り替えた方が良いでしょう。あきらめて我慢しながら使っている人もいると思いますが、ラミネートチューブ入りの高価な商品はたいてい、より安心な商品ですから試してみて下さい。。

アナルに使用する時は、出来れば専用品を使って下さい。油膜が切れにくく快適な状態が長く持続します。

ローションの値段の大部分は容器とそれに詰める手間のコストですから、360ccのボトルと1?のアルミパックの値段がほとんど一緒ですし、ボトルの容量が4分の1になっても値段はせいぜい半分位にしかなりません。何度か使うあてが有れば容量の大きなものを購入しましょう。

ペニスリングの使い方

これはもう単にペニスにはめて女性器に挿入し、より大きな刺激を与えるのを目的とするわけですが、商品パッケージを見て、リングの部分がずいぶん小さいのと、トゲ状の突起が痛くは無いか?と不安になる方がいますが、どちらも心配無用です。絵のようにリングの材質はとても伸縮性にとみ、とてもやわらかいので無理なくペニスに装着でき、見た目はとがってる突起も女性の繊細な粘膜に対してさえ、当たっても全然痛くはありません。

又、最近は使い捨てタイプの電動リングもずいぶんと安く流通するようになったので、まだの方は是非ともお試し下さい。電動ペニスリングのバイブ部分はクリトリスに当てるように上向きにして使うのが効果的です。

初めてのSMグッズの選び方 4

その4
ローソクはハードルが高いようですが、超低温タイプなら誰にでも安全に使用出来ます。
真夏の車内で溶けてしまうほど低温で液状になり垂らす事が出来ますが、出来るだけ高い位置から垂らすと落下中にも少し冷えて初心者にも安心です。クリトリスや乳首に垂らすのは得に興奮しますが垂らされる側が嫌がったら無理に続けるのはやめましょう。

初めてのSMグッズの選び方 3

その3
手錠と同じような拘束器具でより気分が高まる物として、「ギャグ」と呼ばれる口を開きっぱなしにする、口枷(くちかせ)も面白いでしょう。安価に購入できますし使用上の安全性もほとんど問題ありません。
中にはリング状になっていて口枷ごしにペニスを口に挿入出来るようになっている商品もあります。
なんにせよ、女性はつばを飲み込めず、ダラダラとたれ流し続けるもどかしさが女性の新たな快感の扉を開きます。

初めてのSMグッズの選び方 2

その2
次にフェイクファー(本物のファーに似せたもの)で包んだ手錠はいかがでしょう。実はこれは安全レバーが付いておりカギが無くてもいつでもはずせます。後ろ手に装着すると身体が自由にならない、というシチュエーションが女性を倒錯した快感に導きます。