Q.アダルトDVDの値段は商品によってずいぶん違いますが、価格の高いものと安いものは、その内容というか品質に違いがあるのですか?

2011年 1月 17日

DVDの作品の出来の良さの具合と値段には一切が関係ありません。3000円弱が中心価格帯ですが、これより安いものは、ギャラの安い女優さんで作られた(安いけど良い)という線を狙った戦略価格商品か、『二次使用』と言って新作として発売され、製作費の回収が済んだ映像素材をいくつか編集してまとめた商品のどちらかです。
3000円を超える商品は、限定的な好みの方に買っていただく事を狙った『高くても買う人は買うし、値段に関係なくいらない人には全くいらない』という商品か、あるいは値段が高いから内容も高いなりに充実していると思い込む人がいるのを見込んだ『演出としてのプレミアム』商品のどちらか、またはそれらの思惑がまじりあったものです。
当店においては、この『なんちゃってプレミアム』のタイプのDVDは出来るだけ置かないようにしてますが、見極めは困難ですし、ある意味こういう『あやしさ』もまた、アダルトDVDの魅力の一部だったりします。