ローションの使い方

2011年 1月 18日

どのように使っても無害ですので!
その昔、ローションの開発者は売り込みの営業先でローションを飲んで見せたそうである!

自分の好きなように使用すればいいのですが、まれに安価なローションを直接女性器に塗りこむと粘膜がかぶれる事がありますので、その場合には使用を止め、この心配がほとんど無い高品位の商品に切り替えた方が良いでしょう。あきらめて我慢しながら使っている人もいると思いますが、ラミネートチューブ入りの高価な商品はたいてい、より安心な商品ですから試してみて下さい。。

アナルに使用する時は、出来れば専用品を使って下さい。油膜が切れにくく快適な状態が長く持続します。

ローションの値段の大部分は容器とそれに詰める手間のコストですから、360ccのボトルと1?のアルミパックの値段がほとんど一緒ですし、ボトルの容量が4分の1になっても値段はせいぜい半分位にしかなりません。何度か使うあてが有れば容量の大きなものを購入しましょう。